Skip to content

浄水器の選び方は状況や環境に合わせる

ご家庭で手軽に飲みたい時にいつでも飲める浄水器は、様々なタイプがありますので、そのご家庭に合った選び方がありますが、どれを選んでいいのかわからないという方に選び方をご紹介していきます。

簡単に取り付けられる蛇口直結型やシンクの上に置き本格的に浄水する据え置き型、手軽に持ち運びができるポット型やシンクの下に取り付けるアンダーシンク型など様々ありますので、ご家庭の状況に応じて選ぶことが出来ます。

3.11の震災以降、放射性物質が話題となり対策を考えていらっしゃる方には「逆浸透膜タイプ」をおすすめ致します。放射性物質を取り除ける浄水器として注目されているのが逆浸透膜方式です。

極小(0.5~2ナノメートル)の穴をあけた膜を通して水を濾過しますので、放射性ヨウ素131を通さないため、他の浄水器と比べて放射性物質除去効果が期待できます。

蛇口直結型は、コンパクトで誰でも取り付けられるのが特徴で、フィルター交換も簡単に出来て安価なのがメリットになります。据え置き型は、シンクの上ですぐに使えるだけでなく、本格的に浄水できるため美味しい水になり、人気の浄水器です。

また、逆浸透膜(RO)方式は、膜の穴が小さくなっていますので、水の不純物を取り除く効果が高く、放射性物質やウィルスなど危険な物質を取り除くことが出来て、安心な水が飲めます。

ポット型浄水器は、手軽に浄水出来て災害時などにも役立つものとして愛用されています。その場に応じて様々な選び方がありますので、ご自分やご家庭の状況に合ったものを探してみて頂くことをおすすめ致します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *