Skip to content

浄水器の選び方を覚えよう

浄水器には設置方法や性能、製造メーカーや価格などによって多くの種類があります。

ですので上手な選び方をマスターすることで、自分の希望通りの1台を見つけることが期待できます。浄水器の中でも特に設置台数が多いのが、水道の蛇口に取り付けるタイプのものです。

この蛇口取りつけタイプは設置場所がコンパクトなうえ、簡単に取り付けられるのがメリットです。これに加えて、水をろ過するフィルターもリーズナブルなため、コストパフォーマンスがいいという利点もあります。

選び方のポイントとしては、初めて浄水器を利用する人や、安く設置したい人に最適です。据え置き型は浄水器をキッチンのシンクに設置するタイプです。そのため蛇口に設置するタイプと比較すると器具が目立つという欠点がありますが、高性能なろ過ができるのが魅力です。

種類によってはアルカリイオン水を整水できるものもあるので、本格的においしい水を飲みたい人や、料理に使用する水にもこだわりたいという人に最適な選び方です。アンダーシンク型の浄水器は、キッチンのデッドスペースであるシンク下に器具を設置します。

これにより据え置き型よりも器具が目立ちにくく、本格的なろ過が期待できるのがメリットです。さらに水栓のデザインを変えることもできるので、水まわりをスタイリッシュにすることが可能です。

その反面、アンダーシンク型は設置に工事が必要になる場合があり、器具を含めた費用が数万円以上になるので、注意しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *