Skip to content

据え置き型浄水器の長所と短所について

浄水器には据え置き型だけではなく、アンダーシンク型や蛇口直結型があります。

どれでも浄水器としての役割は果たせるのですが、細かい所に長所と短所がありますので、どれを選んでも全く一緒というわけではありません。例えば、蛇口直結型には、簡単に取り付けられて値段が安いという長所がありますが、そこまで不純物を取り除ける効果があるわけではありません。取り付けないよりは良いといった感じです。据え置き型浄水器の長所は、やはり安定している浄水性能です。

最終的には、商品によってその性能が変わってきますが、3万円以上の商品でしたらそれなりの効果が見込めます。詳しくは商品のスペック表を見なければ分かりませんが、どの商品を見ても安定している印象があるのです。また、カートリッジの寿命が半年から1年と長く、特に1年に1度しか交換しなくても良いというのは良い長所です。そんな据え置き型浄水器の短所は、シンクの上に設置する必要がありますので、どうしても場所が必要になる所です。

料理や食器を洗う場所を取ってしまうので、キッチンが狭い人は設置する時に困ってしまう可能性があります。なので、購入する前にはきちんと大きさを測っておきましょう。せっかく綺麗な水が手に入っても、キッチンが使いにくくなってしまってはストレスが溜まってしまいます。一番大事なのは、長所と短所を見て自分が納得出来るかどうかです。短所が一切無い商品というのは、なかなかありませんので、それを受け入れられるかどうかが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *