Skip to content

据え置き型浄水器を取り入れるメリット

水道水に含まれる不純物や残留塩素を除去する方法として浄水器を利用しているご家庭は多いですが、一般的に利用されているタイプは蛇口にそのまま設置する蛇口直接型タイプだとされています。

現在利用されている浄水器には複数のタイプがあり、蛇口直接型、ビルトイン型、据え置き型の3種類です。その中でも据え置き型は浄水能力の制度が非常に高く、ビルトイン型に比べて設置が非常に簡単に済ませることができるメリットを持っています。据え置き型浄水器は本体を水道の横に置くことで、ホースを蛇口に接続させて浄化した水道水を供給させることができます。

蛇口直接型に比べても、内蔵されているろ過材の面積が大きい特徴を持っているので、浄水機能と整水機能が高いメリットを持っています。そのためより水質の良い水道水を利用したいと考えている方にとって据え置き型は注目されています。ビルトイン型は価格が高く、設置には工事が必要なのでもっと手軽に機能性の高いタイプを利用したいと考えているご家庭に向いており、キッチンに広いスペースがあれば問題なく設置することが可能です。

またカートリッジの寿命が長いので、長い期間利用することでランニングコストが安くなるメリットがありますし、据え置き型は多くの製品が多機能なので、水道水を浄水するだけではなく整水器として利用することができることも大きな特徴の一つとなります。使用する場合も蛇口をひねるだけですぐに綺麗な水を飲むことができる手軽さも人気の理由となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *