Skip to content

据え置き型と蛇口直結型の浄水器を比較

浄水器には据え置き型と蛇口直結型があります。

どちらを使っても、水を綺麗にするという役割を果たす事は可能ですが、いくつかの違いがありますので、それを紹介していきます。適当に選んでしまうと、購入後に後悔する事になってしまうかもしれません。この2つの決定的な違いは設置方式です。どのように設置して使うのかが違います。据え置き型はタンクのような本体をキッチンの上に設置して使う必要があります。これはキッチンの作業台が狭くなってしまうので、料理がしにくくなってしまうのです。

広くて余裕があるのでしたら、問題はありませんが、狭い人は一度どのくらいの場所を取ってしまうのかを考えた方が良いでしょう。蛇口直結型の浄水器は蛇口に取り付けるだけなので、そこまで場所を取りません。少し蛇口が大きくなるだけです。しかし据え置き型も蛇口にアダプターを取り付けて、そこから本体に繋げますので、同じような感じになります。違うのは本体をキッチンの上に置くかどうかです。また、浄水器自体の性能に差が出てしまいます。

もちろん商品によりますが、据え置き型の方が安定して浄水性能が高いのです。ですが蛇口直結型は値段が安いという長所がありますので、性能よりも値段の安さが重要という人は、そちらの方がおすすめです。2つの違いは、設置方式と浄水性能、そして値段です。場所を取っても良いから、とにかく性能が必要な人は据え置き型が向いています。キッチンの作業場が狭いので場所を取ってほしくない、性能はそれなりで良いので値段は安い方が良いという人は、蛇口直結型の浄水器が向いています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *