おもちゃのサブスクとは、月額料金を支払うことで様々な玩具をレンタルできるサービスのことです。様々な企業がサービスの提供を行っており、対象年齢の下限はほとんどが0歳3か月から対象となっています。対象年齢の上限は企業によって異なるものの、4歳から8歳程度までが対象となります。おもちゃは子どもの好奇心を刺激し、発想力や創造性を高めるのに欠かせません。

人間の脳は幼い内に行った体験が大きな影響を与えるため、様々な刺激を与えることが大切です。しかし、多彩な種類の玩具で遊ばせてあげたくても、多くの費用がかかってしまいます。玩具は年齢に見合った製品を選ぶ必要があり、成長の早い子どもに合わせれば年に何回も買い替える必要があります。さらに、良いと考えて選んだ製品も子どもが気に入るとも限らず、すぐに飽きてしまう可能性も少なくありません。

おもちゃのサブスクは、1か月から3か月ごとの周期で新しい製品に交換されるため、子どもの成長に合わせたおもちゃに触れさせることが可能です。サブスクなので料金は3、500円から4、000円と手ごろで、プランによっては短期間の契約も行えます。おもちゃは用意されたものの中から自由に選べるプランもありますが、保育士などの専門家が年齢や本人の興味に合わせて選択してもらえるプランもあります。知育玩具の中には高価で気軽に購入できないものもありますが、サブスクならば気軽に借りられるのが魅力です。

おもちゃのサブスクのことならこちら